Skip to content

THE FACTORY STYLE 2020

KAWASAKI SUPREME PLANTS

今年も新たな大工場のベールがはがされる!
他の追随を許さない必見の工場夜景写真はここでしか見られない!

株式会社マーベリック(代表取締役:松澤國男)は、工場夜景ブームの先駆け、神奈川県川崎市の工場夜景を撮影したカレンダー『THE FACTORY STYLE 2020 -KAWASAKI SUPREME PLANTS-』(特別協力:川崎市産業観光振興協議会〈事務局:川崎市、川崎市観光協会、川崎商工会議所〉、京浜臨海部産業観光推進協議会、協力:株式会社ニコンイメージングジャパン)を2019年10月5日(土)より発売いたします。
日本初の工場夜景カレンダーとして2010年に産声を上げた当カレンダーは、2012年から装いも新たに『THE FACTORY STYLE』シリーズとしてスタート。今ではテレビ、ラジオ、新聞、ネットなど、多くのメディアにも取り上げられるほどの人気カレンダーとして定着しています。その理由は「工場内」からの撮影による大迫力かつ臨場感あふれる写真の数々です。今まで同じ写真を使うことなく、新たな写真をお届けすることでファンの期待に応えてきました。仕様も毎年、グレードアップ。壁掛け版も卓上版あわせて30枚もの新たな工場夜景写真満載で、今年もファンの期待を裏切りません。
日本で初めて「工場夜景サミット」を行った、“工場夜景のパイオニア”川崎市の全面協力のもと、一緒に歩んできた当カレンダー。発売当初は川崎市だけだった夜景都市は室蘭市、四日市市、北九州市を皮切りに、ほぼ全国地域に波及。「全国工場夜景都市」も今では11に拡大。工場夜景ブーム黎明期から人気の一翼を担ってきたのが当カレンダーでもあるのです。
今年もJXTGエネルギーをはじめ、川崎天然ガス発電、昭和電工、東亜石油、日本触媒といった川崎エリアを代表する工場の煌びやかな写真を収めることができました。毎年、“Upgarde”している当カレンダーですが、今年はついにJFEスチールの工場内撮影が実現。関係者のみしか行き来できない海底トンネルの先にこのJFEスチールはあります。この“秘境の地”に『THE FACTORY STYLE』が潜入に成功。 今まで見たことのない、鉄鋼メーカーならではの世界感をご堪能ください。

ついに日本を代表する鉄鋼大手・JFEスチールの工場内撮影実現!
かつてない世界観をご覧あれ!

JXTGエネルギーなど大規模工場内の迫力ある写真満載で各メディからも熱視線

News Release

2020年版の販売を開始しました

2019年10月5日

『THE FACTORY STYLE 2020 -KAWASAKI SUPREME PLANTS-』 (壁掛け…

続きを読む

工場夜景とは

TFS2019T_2020.01_SDK_DSC0238
TFS2019T_2019.08_TOA_DSC2509

今年、千葉県市原市が加わり、
ついに「全国工場夜景都市」も11大都市にまで拡大

20年ほど前から一部のマニアの間で楽しまれていた工場夜景は、今では「夜景の1カテゴリー」としてすっかり定着しました。テレビや新聞、雑誌でも数多く取り上げられ、ネット上では「萌える」「素敵」「癒される」という書き込みを頻繁に目にするほど、今では多くの人に親しまれています。起爆剤となったのはほんの10年前。川崎市が工場夜景を観光資源として採用・アピールしてからです。その後、大規模工場群を抱える全国の各都市も追随し、各企業の理解も深まるようになりました。バスツアーや屋形船ツアー、撮影会などは募集するやいなや、すぐに満員になるほどの盛況ぶりです。この人気の要因は、機能的に配置されたライトやフレア(炎)によって照らし出されるメカニカルな構造美です。夜の工場地帯はまさに別世界。まるで宇宙にいるような錯覚を覚えるほど、幻想的な世界に誘われます。今では10代からシニアまで“工場思え”に魅了される人が急増しています。昨年、「全国工場夜景都市」に千葉県市原市が新たに加わりました。川崎市が開いた「工場夜景」という魅力の扉は、北海道室蘭市、千葉県千葉市・市原市、静岡県富士市、三重県四日市市、大阪府堺市・高石市、兵庫県尼崎市、山口県周南市、福岡県北九州市の11つにまで広がりました。今後、さらに増えることが期待されています。

2020年版カレンダーの特長

TFS2019T_2019.11_JXTG_DSC0305

JFEスチールという新たな工場夜景ワールドが開いた!

川崎工場夜景の“BIG5”川崎天然ガス発電、JXTGエネルギー、昭和電工、東亜石油、日本触媒の魅力あふれる写真を今年もたくさん掲載しています。石油コンビナート系・化学系・発電所系と、工場の景観はその製造種類によって違いますが、この魅力のバリエーションにもう一つ、まったく新しい世界観を持つ工場が加わりました。日本を代表する鉄鋼メーカー・JFEスチールの工場内撮影が実現字ました。川崎の工場は、まさに日本の屋台骨を支えている基幹産業ばかり。その大工場の“秘蔵写真”が今年も満載されています。

TFS2019K_2019.01_SDK_DSC0185
TFS2019K_2019.08_NS_DSC0074
TFS2019K_2019.02_JXTG_DSC1588

壁掛け版も卓上版も新たな改良を加え、より使いやすく、より見やすくなりました!

当カレンダーは、ブームに火が点いた2010年に日本で発売。爆発的な売れ行きとなるほど、話題のカレンダーになりました。壁掛け版のみでスタートしましたが、その後「オフィスや自宅で気軽に楽しめる卓上版も」という多くのリクエストに応える形で、2015年版から卓上版も加わりました。その卓上版は一昨年に一新、縦型リングタイプに変更しました。写真面もそれまでのタイプに比べ約160%と拡大、工場夜景をよりいっそう楽しめるようになりました。また、表面にpp加工を施し、飛躍的に写真栄えするようになりました。もちろん、写真面はポストカードとしてご利用できます。

TFS2019K_2019.11_JXTG(TNG)_DSC5500

撮影の手本になるよう詳細データ記載
世界のNikon社の協力でクリアな写真を実現

工場夜景ブームにはデジタルカメラの存在なくして語ることは出来ません。今ではコンパクトカメラやスマートフォンでさえ、2000万画素を超えるモデルが発売されています。当カレンダーは世界のカメラシーンをリードするニコン(イメージングジャパン)社の協力を得て、最高峰の機材を使い撮影しています。
また、近年では観光地などで、女性やシニアの方が一眼レフカメラやミラーレス一眼レフカメラを持ち歩く姿を見かけるようになりました。FacebookやTwitter、InstagramなどのSNS投稿も流行っており、よりクリアな写真を望むようになっています。当カレンダーでは、その流行を先取りするように2010年の発売時から好評の詳細な「撮影スペック」を掲載。初心者だけでなく、熟練者にも参考になるよう、カメラ本体、使用レンズやシャッタースピード、感度、絞り値などの詳細な情報を紹介しています。

TFS2019K_2019.11_JXTG(TNG)_DSC5500

『THE FACTORY STYLE 2020 KAWASAKI SUPREME PLANTS』

TFS2020K 壁掛け版・写真部 03_OLなし_2018.09.09

壁掛け版

【判型】B4判横型(W364×H257mm)フルカラー大増32ページ(表紙、INDEX含む)

【用紙・包装】マットコート紙(表紙裏面・2面pp加工 プラスチック製アダプター(吊り具)付属、opp包装)

【価格】1,900円(税別)

【判型】B4判横型(W364×H257mm)フルカラー大増32ページ(表紙、INDEX含む)

【用紙・包装】マットコート紙(表紙裏面・2面pp加工 プラスチック製アダプター(吊り具)付属、opp包装)

【価格】1,900円(税別)

TFS2020K 壁掛け版・写真部 03_OLなし_2018.09.09
TFS2020T_COVER_JPEG_1MB
TFS2020T_COVER_JPEG_1MB

卓上版

【判型】A5判縦型(W148×H210mm)フルカラー17枚(表紙、INDEX、紙脚含む)

【用紙・包装】マットコート紙(全表面pp加工、裏面ポストカード印刷、opp包装)

【価格】1,300円(税別)

【判型】A5判縦型(W148×H210mm)フルカラー17枚(表紙、INDEX、紙脚含む)

【用紙・包装】マットコート紙(全表面pp加工、裏面ポストカード印刷、opp包装)

【価格】1,300円(税別)